Blogブログ

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

モデル活動は事務所所属かフリーランスか

モデル事務所所属のメリットとデメリットを考える

モデル事務所大阪
モデル活動、フリーが良いか所属が良いか
フリーランスで活動しているモデルがいます。
プロダクションに所属のモデルもいます。
モデル活動をするのにどちらがいいのでしょうか?
ここでは弊社の様々な過去の事例をあげて考えていきましょう。

昨今、インスタグラムやツイッターなどのSNSの発達により、
モデルを必要とする企業やショップ様がモデルに直接アクセスできる状況となっています。
直接クライアント様からモデルのお仕事の依頼が来るわけです。

こういうことから、事務所に所属する必要がないのではないか?
と考えるモデル志望者が増えてきています。

事務所に入れば、定期的にプロフィール写真を更新せねばならず
レッスンや登録料にも費用が掛かります。(JaiGuruではプロフィール撮影に金銭はかかりませんが)
と、デメリットはわかりやすく存在します。
しかしメリットは、モデル志望の方には見えません。
自分がなにか失敗や損失が出てから気づきます。

洋服などのファッション商品の購入の度に、それらを身に着けての自撮り写メなどをSNSにアップしていけば
様々な人の目に留まり、ある時はモデルとしてのお仕事依頼が舞い込むこともあるまもしれません。
インスタグラマーが「モデル案件はダイレクトメッセージで」と積極的にお仕事を募っている場面も見受けますね。

プロダクションに所属する必要はないのではないか?と考えるのは至極自然なことです。

ですが、プロダクションにはプロダクションの役割があり、やはり必要だから存在しているのです。
モデルにもクライアントにも必要とされているので存在しています。
ですから、はやりモデル志望の方には、プロダクションに所属し上手に利用くださることをお勧めいたします。
大阪

過去に有った事例をお話しします。
お客様やモデルの声を何点かご紹介いたします。

まずお客様です。
あるお客様から、新規のモデル撮影の問い合わせがありました。
アパレル商品を撮影したい、というような相談ですが、ショップページを拝見すると、様々なモデルを使い
今までも数多く撮影をされています。聞けば、インスタなどでモデルを募り自社で撮っていたとのことでした。

今まできちんと撮影してきているのに、今なぜわざわざコスト的にも大きくなるモデルプロダクションに依頼するのか?と尋ねましたら
一定の割合でドタキャンや遅刻があり、ポージングも訓練されていず、表情も作れない人が多い。
商品を紹介するのに使える写真を撮るのに多くの指示をせねばならずかえって時間と手間がかかる。とのことでした。
また撮影した写真を、「就職したのであの時の写真はもう使わないでください」などという電話が保護者から入ったこともあった、とのことでした。

要するに、モデルがちゃんとプロ意識を持っていないわけですが、きちんと教育されていないモデルは、撮影する側の希望や考え方がわかっていない場合があります。
だからフリーはダメというつもりはありませんが、何度か撮影を経験したクライアント様からは、ネガティブなイメージを持たれる場合があります。
あなたがフリーというだけで、マイナスな先入観でみられたら悔しいですよね?

例えばポージング一つとってみても、
モデルが撮影側からの指示なくすいすいポーズを作ってくれれば、ただシャッターを切れば写真ができていくわけで、非常に効率的です。
実際、弊社スタジオでのお仕事のアパレル撮影なども、モデルが慣れているので、世間話でもしながらすいすい撮り進めていきます。
モデルが素人の場合、すいすいとはいきません。ポーズの指示やら着替え、その他着こなしの指示など様々時間が余分にかかってしまいます。
スタジオをレンタルし複数のスタッフを引き連れ、もたもたもたもた撮影していれば、目に見えないコストはどんどんかさんでいってしまいますね。
一方慣れたモデルで撮影する場合は、世間話でもしながら、ただシャッターを切ればよく、スタッフも少数、時間も短縮でスタジオ代も圧縮できます。
また、撮影後にカメラマンがぐったり疲れているということもないでしょう。

お客様からすればプロダクション所属のモデルのほうがギャラも高いなどと考えるかもしれません。
しかしこれは考えようで、
モデルのギャランティが少し上がったとしても、スタッフの人件費やスタジオ代の圧縮で削れる予算もあります。
撮影も楽です。
そして、なにより商品を魅力的に魅せる技を持っていますから、商品が売れます。
素人モデルとプロモデルでどのように売り上げが違うのか?ということはしっかり統計を取る手段がありませんから、正確な比較はできません。
ですから、なかなか細かく統計を取れるようなショップは少ないかもしれませんが、私どもの経験上
しっかり商品の魅力を見せられるモデルで撮るほうが訴求力が上がり購入率は伸びます。
〇〇ちゃんに来てもらった商品、今までより2割売り上げが伸びた、と言っていただいたこともあります。
2割は極端な例としても、気づかないレベルでたとえ各商品ごとに数着でも余分に売れれば、年間を通した収益は大きく変わっていきます。
アパレル商品の場合、1日に撮影出来るのは30点以上です。
1万円程度モデル代が高くても1型で割れば300円、1着でも余分に売れればペイ出来ます。
よく売れたとはっきりと認識できるということは、ショップの規模によっては、数十着数百着と売り上げが伸びている場合もあるでしょう。
それが1日の撮影点数と掛け算すれば30点、売り上げへの貢献は計り知れません。

広告案件の場合も同じです。10万円なら10万円。50万円なら50万円の広告費をかけて宣伝する場合
その広告自体の訴求力が大きいか小さいかは広告の成否をわける大きな要因となります。

このようなことを考えたときに、モデルであるあなたはどちらのモデルでありたいですか?
ギャラの安い、撮影に手間のかかる、スタッフをへとへとに疲れさせる、もしかしたらドタキャンするかもしれない、売り上げの小さい、訴求力の無いモデルでよいのか
さくさく撮影をこなし、スタッフを疲れさせない、そして商品をしっかり売るモデルでありたいのか。

実は私たち、長年このような仕事をしているものからすれば、SNSなどに上げられてるファッション写真も、モデルとは自称していても、素人は素人とわかりますし、しっかり訓練されている人はそのようにはっきりわかるものなのです。
ものすごくビジュアル面でレベルの高い方が、素人のポージングでSNSで見つけたりすると、「ああ、もったいないなぁ」と残念な気持ちになります。

私どもとしては、せっかくモデルになりたいという意思を持っていらっしゃるなら、しっかりスキルを身に着けて、
使う側を喜ばせるモデルであってほしいと思うのです。

次に、弊社に所属したモデルで独自で取った過去の仕事で、損をした例を紹介します。

応募で所属したモデルで、SNSなどを駆使し積極的にフリーで活動していました。
すこしづつ自信をつけ、プロダクションに所属すればさらなるステップアップができると考え、JaiGuruに応募してきました。
所属となり、いくつか仕事をしたころ、ある案件でそのモデルが候補に挙がりました。
その仕事は雑貨商品のカタログのお仕事ですが、同種の商品のHPなどへの露出の無いこと、が条件として付されていました。
そのモデルに確認したところ、かなり前に同じような商品の撮影をしたことがあるとのことでしたので
そのHPを確認したところ、またその写真が使われていました。
かなり年月が経っていましたから、写真の消去をお願いしたところ、写真は本人よりサインをもらって買い取っている。とのことでした。
要するに、撮影時に撮影した写真は制作者の権利になるという契約書にサインをしているわけです。

商品、特に定番商品で追加生産の出来るような商品は、企業側も、せっかく撮影した写真をいつまでも使いたいのです。
とくにネットでは実店舗のように場所を取りませんから、古い商品でもいつまででも載せておいて、
売れればめっけもんという意識で載せている場合もあります。

写真の使用期限を半年とか1年とかいううふうに区切られるのではなく、いつまでも使えるようにしておきたいのです。

そのような契約書についうっかりサインしてしまうと、あらたなお仕事を獲得するのに損をする場合があります。
肖像権の管理というのはとっても重要なのですが、フリーランスの活動では、この辺の経験不足で大きな失敗をする場合があります。
新規案件の獲得に支障があるくらいで済めばまだよいですが、競合制限のかかる仕事をしたにもかかわらず、うっかり同業他社のお仕事をしてしまった場合、損害賠償を請求されることもありますから、じつは結構怖いのです。

別に変な書類にはサインしないよ。とお考えかもしれませんが
プロダクションには長年運営して様々な経験を重ね、ある時は失敗しあまたある時には損失を出しながら積み上がったノウハウは本当にたくさんあります。
あなたがフリーで活動するということは、私どもが長年の運営でしてきた失敗や痛い思いを、あなた個人でもう一回経験していくということでもありますから、
とても大変です。
所属のモデルになれば、事務所が過去に経験した経験や失敗を、お教えし、お守りし、的確なアドバイスも出来るのです。

このあたりの知識をしっかり持ってなければ、フリーランスの活動はかなりリスキーです。

最後にギャランティの交渉についてですが
多くのフリーモデル場合、クライアンとが提示した金額にそのまま頷きがちですが、ちょっと待ってください。
あなたが受け取るギャランティの金額は多すぎても少なすぎてもいけません。
多いのはいいんじゃないの?と考えるかもしれません。しかしそうではありません。
金額が大きいということはそれだけの責任を負うということです。

関西でも、1時間2万円もかかるようなスタジオがあります。
ここを10時間押さえていると言われたらいかがでしょうか?
このような高額なスタジオを使用しての仕事の場合、クライアントも大企業でモデルとしての仕事の内容も高度なスキルが求められます。
またカメラマンも1日拘束で10万円以上、スタイリスト、ヘアメイクと、しっかり経験のある人たちがスタッフとして集まっていることが多いです。
撮影のために、多くの予算が使われているわけです。
当然、モデルにもそれなりの金額が支払われますが、これは、求められる仕事をしっかりとこなせるということが前提となります。
SNSで適当な写真を上げていてたまたま声をかけていただいた、というような方は、引き受けるべきではありません。
高度なモデルスキルが求められますし、支払われるギャランティに比例した責任が伴うからです。
しかし、クライアントの企業名を聞いて有頂天になり、喜び勇んで現場に出かけていく、ということになるのではないでしょか?

しかし考えてみてください。撮影現場で、高い要求をされ、クライアントが求めている実力を自分が有していないという状況。
モデルが複数いればおさら自分の実力不足が露呈します。
こういう経験はとってもみじめなものです。またクライアントや代理店、制作スタッフみなが迷惑します。
撮影に携わるスタッフ皆が貴方に対し、がっかりしているという状況の中、お仕事を完遂する勇気ありますか?
実際に損害も出ます。
ギャラが大きいというのは実は恐ろしいことでもあるのです。

逆に安い仕事はどうでしょうか?
SNSのあなたを見て、声をかけてきたというのは、あなたがクライアントの求める何かを持っているからなのです。
あなたの見た目が商品のイメージに合うからかもしれません。
もうすこし柔らかい言い方をすると、あなたが可愛らしいからで、あなたの可愛らしさで商品価値を高めたいからなのです。
ということは、あなたの可愛さが商品であり、可愛さに価値があるということになります。
あなたの見た目の可愛らしさは、実は他の人は持ち合わせていないあなた独自の財産なのです。
また、もしもあなたが、スクールに通い、高度なウィーキングスキル、ポージングスキルを有しているとしたら
それはあなたが、時間と労力と金銭をかけて、スキルアップしたということですから、それを使うクライアントには
その価値を適正に認めてほしいと思うのです。
これを安売りすることはあなたの自分に対する評価を低く設定するということなのです。
あなたの持って生まれた財産と、投資によって得た財産を、私たちは適正な価格で取引してほしいと思うのです。

ですが、クライアントや代理店が提示してきた金額より大きな金額を提示することは、フリーモデルには難しいですし
また相場もわからない場合も多いですね。
プロダクションは、相場も心得ていますし、あなたの魅力に適した価格も出せます。
また小さな金額を提示するクライアントにあなたの魅力を正確に説明する言葉も持っています。
モデルとして仕事をした金額こそがあなたのモデルとしての価値なのですから、安売りをしないでほしい
モデル自ら、自分の価値を下げないでほしいというのがプロダクションの願いです。

ですから、目に見える、わかりやすいデメリットに惑わされることなく、身に見えにくいメリットもしっかり考慮にいれて
しっかりお子案替えいただければと思います。

私たちプロダクションのスキル、経験、ノウハウを上手にご各様くださればと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事