モデル派遣・大阪

モデル事務所。大阪・京都、そしてファッションの地神戸発!関西で活動!

JaiGuru(ジャイグル)は神戸のモデルたちによるモデルプロダクションです。

 

モデル事務所JaiGuru|活動日記|

2017年2月24日ミセスモデル新規案件

今日はミセスモデルの新規案件撮影でした。
ファッション商品のスチール撮影です。
ミセスモデルからのスタートは難しいものです。
特にお今回のモデルは身長も高くなく、顔も特徴のある顔立ちです。仕事を取りにくいパターンのモデルですが、持ち前のがんばり屋精神を発揮しようやく仕事を獲得しました。
思えば彼女、ほんとにずーっと頑張ってたので、仕事がよれて本当によかったです。
頑張る人が報われるモデル事務所でありたいとおもい、日々活動しています。
ほんとによかったです。

2017年2月21日オーディション

某健康食品の広告動画
出演モデル募集で、演技が出来て、オーディションあり。
みなのんき~にエントリーしてます。
演技経験必要、こういう案件はむつかしよ。
難しさを知らない新人は無邪気にエントリー。
難しいと知ってる者は、エントリーを躊躇。
受からないオーディションに行ってもしかたないと思ってるのか、責任の重さを思ってるのか。
いずれにせよ、普段よりチャンスに対して磨いておかないと、いざというとき、戦えないです。

2017年2月18日神戸お洒落Labo撮影

神戸お洒落Laboのコンテンツ制作で色々と撮影なの活動をしました。
普段お仕事で撮影させていただいているショップの商品です。
所属のモデル何人かで集まって写真を撮ったり動画を撮ったり。
動画はYouTubeで「神戸お洒落Labo」と検索してご覧下さい。

このように少しでも私たちで拡散、商品の魅力を伝える取り組みが出来ればと日々色々と取り組んでおります。
この事によってモデルもまた、スキルアップや、経験の一つとし、さらに成長していってくださるものと確信しています。

2017年2月2日モデル名に関する考察

新加入のモデルから良くモデル名は本名がいいのか、下の名前だけでいいか。という質問を受けます。
事務所の意見としては、モデル名が本名の場合、検索で出てきますから、ストーカーの被害などの心配がまずあります。
その次に高校生、大学生がモデル活動を行う場合、卒業後、就職という1つの区切りがあります。
モデル活動をしながらアルバイトで収入の不足分を補うというケースもありますが、正社員としてしっかり就職をしたい、ということで就職活動をされる場合も多いです。
その際多くの場合は、就職希望者の名前をインターネット検索を行うということです。
もちろん悪いことをしているわけではありません。
しっかりとクライアント様のお役に立てるよう高い意識を持って活動しています。
ただ残念なことに、モデルという名前に数は少なくとも浮わついた仕事をしていると誤解される方もいるというのもまた事実です。
そのようなことで、完全なる誤解ではあっても、何か私生活で損害を被ることがあってはいけません。
本名にごく小さな変更を加えるだけで、検索などで、自分の情報がかからなくなります。
そのようなことを考慮の上名前を決めるべきです。

また、下の名前だけで、モデル名とする方もいます。
しかし、昨今のインやーネット時代。
仕事現場などで名前を知っていただいた方が、あなたにたどり着けないというのも、甚だもったいないことです。
例えば、めぐみ、りえ、あき、なそ、良くある名前だけですと、どうしてもネット検索で自分が検索されません。
ですので、名字名前という組み合わせでモデル名とすべき、と事務所は考えます。

2017年1月26日フリーモデル

この頃SNSなどの普及により、モデルを必要とする様々な業種から直接依頼を受けられる世になりました。
フリーモデルなどと名乗る人が増えています。
JaiGuruに所属した人には、様々なレクチャーをしています。
やはり、肖像使用に対するリスク 撮影した写真がどこのどう使われるかなど肖像使用のリスクがあります。
やはり、モデル個人ではなかなか交渉しずらいモノです。
撮影時しっかり取り決めをしていないと、意図しない場所への使用などで、モデル自身が傷つく場合があるので注意したいところです。
また、身元の分からない依頼主のところに一人で出かけていくというリスクもよく考えたほうが良いと思います。

2017年1月25日モデル事務所JaiGuruはこんなことが得意です。

今日は私共、JaiGuruの得意なところについて記載します。
わたくし共は、JaiGuruと言いまして、神戸を拠点に大阪や京都、関西一円にモデル業務活動をしています。
ポージングレッスン、ウォーキングレッスンなども通常のモデル事務所と同じように行うモデルプロダクションです。
モデルと言いましても、大きく分けて2つあり、ファッションショーモデルとスチール撮影モデルがあります。
ファッションショーは慎重が170センチ必要などいろいろ条件があります。
身長が150センチ後半~160センチ後半の場合はスチールモデルの案件が多いです。
慎重が140センチ代、150センチ前半の場合、撮影の仕事の獲得の確率は下がりますが、全くダメと諦める必要はありません。
昨今背の低いモデルのショーや衣装もありますから絶望しないで是非チャレンジしてみるべきと思います。

私共は、事務所にスタジオを完備していまして、そこで様々な撮影を行っています。
練習撮影、簡単なファッション商品撮影、プロフィールコンポジット写真用撮影、おしゃらぼ撮影等です。
事務所スタジオで撮影することで、写真撮影のスキルがどんどん向上し、スチール撮影に特化したモデルに育成できます。
例えば立ち方、表情、笑顔。
実はキレイに立つというのは難しいものです。
鏡の前で雑誌で見かけるモデルのように上手に立てていても、いざ鏡を離れカメラの前に立つと、鏡の前のようにはうまくいかないものです。
一度ご家族の方にスマホカメラででも撮ってもらってみてください。
雑誌のモデルとどこか違う。同じように足を伸ばし手を決めているはずなのになにか違う。
そんな風に思うはずです。
ただ立つというだけのポージングにも、様々な技があり、プロの技術が込められているのです。

JaiGUruでは、ポージングレッスとして、雑誌モデルや先輩モデルのポージングを参考にしながら、ポージングをしてみて実際に写真撮影を行っていきます。そして撮影写真を自分で確認し、反省点を見つけ、また撮影というこの動作を延々と繰り返していきます。
その際コーチがポイントや注意点を知らせていきます。
また撮った写真は各自のスマホで見られるようWEBページにUPし、自分だけが見られるようなurlをお送りします。
また同時に先輩がお仕事時に撮影した写真を先輩の了解のもと、お手本として送りもします。
自分のスマホで見られますから、例えば授業の休み時間や電車の移動中にも確認できます。
とにかく熱心に取り組んでいただける人が成長するという仕組みを作っていますから、熱意ある人が成長していけます。
それがJaiGuruの強みです。

日記続き・・・ストリートモードな雰囲気で撮影。他

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by f-tpl